普通という難題

 ■出掛けに、チラチラと小雪の姿が見えました。

降るのかなぁ、とか思っていましたが、会社についてしばらくしたら、マジ降りになって驚きました。

幸い、こちらの方は、昼ころには上がり、白い風景は消えましたが、関東とかあちらの方は大変そうです。

とりあえずは、明日の朝の凍結は、心配しておきましょう。

■帰ったら、子供がこっそりと耳打ちしてきました。

何事かと思いましたが、曰く「今度の休みに、ちゃんこ鍋を作って」だそうです。

ちゃんこ鍋?

後で家人に聞いたところ、相撲中継を見ていてちゃんこ鍋の話題が出たそうで、興味が湧いたとのこと。

なるほど、昨日の丸かじりリンゴみたいなものですかね。

何にせよ、ちゃんこ鍋、言ってしまえば『普通の鍋料理』の総称の1つといっても過言じゃないくらい味の決まりはなく、相撲部屋で食べるとか、栄養バランスは良いといった鍋料理そのものを表すような情報しか持っていないところが難しいですね。

とりあえず、「普通の鍋じゃん」とならないようなところを目指しますか。

コメント

このブログの人気の投稿

りんご飴と串カツ

歯抜け

終わらない