ガンプラの進化

◼︎ガンプラを作ってみました。
エントリーグレードという、入門者向けのもので、塗装不要の色プラのなっており、また、部品の取り外しも手で簡単に出来るという設計のものです。
◼︎サイズは144分の1という、ガンプラ定番サイズです。
これの初期バージョンをリアルに作ったことのある世代から見れば、まぁ、驚愕の一言で、本当に無塗装かと驚くレベルです。
可動域も広いので、かなりダイナミックなポーズも可能というシロモノ。
腕が届くので、背中のサーベルを抜き取る動作が取れるほどです。
時代はここまできたか、と言った感じです。
◼︎組み方も考えられていて、後から「あ、これを先に組んでおかなきゃダメだったか」みたいなものがありません。
例えば、腕と二の腕など、挟むような組み方ではなく、腕と二の腕、それぞれを組んだ上で、後からジョイント部品に組み込む感じです。
いや、なかなか、良く考えられています。
すごいなぁ。

コメント

このブログの人気の投稿

りんご飴と串カツ

塩焼きがベター

明日もやることがあるので