物欲の結果が届く頃

■少しずつ届きます、Amazonから荷物が。
タイムセールは締め切り時間があったので、欲しいものを適当に買うと、時間的にバラバラになってしまいますが、結果的に、それらがバラバラで届くことになります。
一見すると非合理的ですが、システム的に見れば、注文した→箱詰めする→送る、という一連の流れだけを注目し、難しい判断を要するプロセスがないので、実は合理的とも言えます。
しばしば、Amazonの「これを送るのに、この大きさの箱が必要か?」という話がありますが、これはこの箱、あれはあの箱、と判断を必要としなければ、やはり、合理的と言えるでしょう。
何が正解かは難しいですが、判断がなければ機械化もしやすいので、長い目で見れば正解なのかも知れません。
■TranscendのSDメモリーカードは買いましたが、要不要のついでにもう1枚くらい買っとくか、みたいな感じになるのがすごいですね。
かつて、PC-9801を使っていた頃は、純正のメモリーが高くて、メルコの2MBで1万円という格安メモリーを買って増設していた覚えがあります。
それを思うと「64GBのやつ、もう1枚買っとくか」とか、贅沢な時代ですね。
ハードディスクがテラバイト単位で買えますから、まぁ、そんな時代なんでしょうが。

コメント

このブログの人気の投稿

りんご飴と串カツ

明日もやることがあるので

趣味と実益