小さなカニと大きなカニ

■水遊びがてら、海に行ってきました。
蒲郡市にある竹島は、島根県の話じゃなくて、小さいながらも頑張っている水族館で有名なところですが、その竹島周辺も潮干狩りができる場所なので、それなりの遊びスポットはあります。
ただ、今日は潮も悪いし、そもそも、遊べても生物がそんなに多くない場所なので、本当に水遊びですが、子供なんかは服のまま海水に浸かって遊び倒していました。
■満潮近く、岩場に海水が戻ってくる頃、潮溜まりあたりが活発になり、小さなカニの姿も見られるようになりました。
今日のお目当てはカニでしたので、初カニ捕獲は大成功でした。
まぁ、イソガニの小さいのなので、はさまれても痛くないですが、小さなヤドカリより生き物感があるので楽しめたようです。
■ちなみに私、途中で家人らと別れて、竹島一周に向かいました。
実は、島を一周するのは初めてですが、まぁ、何もないところでした。
ただ、あちらこちらに大小様々なフナムシがわんさと居ますので、海の豊かさを嫌というほど思い知れます(笑)。
■満潮が15時頃だったので、軽く食事をとったあと後、竹島水族館に行きました。
巨大なタカアシガニとかが触れたりするのは珍しいと思います。
16時過ぎに入りましたが、通常営業の17時までではなく17時からナイトモードに切り替わるイベントが開催されていました。
館内の照明を消してしまい、真っ暗な水族館を懐中電灯を頼りに眺められるという趣向です。
ただ電気を消しただけですが、普段とは違った水槽の顔がみえて面白かったです。
また、普通なら、この手の追加イベント、17時になったら、一旦、昼のお客さんを追い出して、改めて別料金で、というものが多いと思いますが、こちらは、そのまま引き続いて楽しめるようになっていました。
いい水族館ですね。

コメント

このブログの人気の投稿

りんご飴と串カツ

明日もやることがあるので

趣味と実益