りんご飴と串カツ

■「串カツとりんご飴のところに行きたい」という子供のリクエスト。
これ、正月に初詣で行ったおちょぼさんこと、お千代保稲荷神社のことです。
行くのは容易いですが、問題はリクエストの中身です。
串カツは、いくらでも食べられる店がありますが、りんご飴は確か、出店で買った筈で、おそらくは、正月だけの限定じゃないかと思うわけで、あるかどうかは微妙なところでした。
まぁ、とりあえず、行ってみることにしました。
■高速道路、岐阜羽島の手前の一宮辺りが渋滞するのはお約束として、連休なので現地も混んでいるんじゃないかと思ったんですが、意外と空いていました。
駐車場の呼び込みが無駄に多いのは、連休で混むと踏んだのでしょう。実際は「ハズレ」だったようです。
こちらとしては幸いで、鳥居の横の一番近い駐車場まで入っていけましたが、偶然にも、初詣と同じ場所に停めることになりました。
そして、駐車場を出て、目の前の青果店に「りんご飴」があるのを見て、一安心です。
「帰りに買っていこう」ということで、キツネさんに挨拶を済ませて串カツへ。
途中、『フルーツ飴』の出店があって、さらにホッとしました。
■串カツは、テレビに出ている有名店に行列ができていましたが、どこで食べてもたいして変わりませんので、適当に空いているところで食べるのが正解です。
串カツ、串カツと言っていた割に、子供が意外と食べなかったのは、半ば予想通りですが、アイス食べたり、ポテト食べたりと、ちょっとしたお祭りでした。
フルーツ飴の出店で、正月に買ったのと同じ、小さいリンゴ飴を買いましたが、車に戻ってから、子供が「ちがうところにあったね、りんごあめ」と言いました。
出店の場所が違うことを覚えているんですね。
まぁ、何にせよ、帰りの車の中で口を真っ赤にしながらりんご飴を食べ、渋滞の中で夢の中に。
良い1日でした。

コメント

このブログの人気の投稿

塩焼きがベター

明日もやることがあるので