カゲロウの乱舞

帰り際、豊田市内、矢作川にかかる久澄橋(きゅうちょうばし)に大量の羽虫が飛び回っていました。
カゲロウです。
毎年、この時期に飛び回りますが、ここ最近の中では、規模の大きい乱舞です。
自転車通学の女子高生が、パニック気味に手を振り回しながら、橋を通過していました。

今までで見た中で、一番のものは、豊田市に引っ越してきた年のもので、翌朝になると、カゲロウの死骸が10センチ以上も綿埃のように積もっている始末でした。
乱舞というより、飛び回る虫のゲリラ豪雨のようで、来たばかりの見知らぬ土地のことでしたから、余計に印象に残っています。

ただ、問題なのは、単に羽虫が積もってキモチワルイだけでなく、物理的にタイヤなどが滑るなどの実害がある点です。
それほど顕著ではないものの、積もり方次第では、危険な状態です。
今年のが、どれほど積もるか分かりませんが、困りますね。
儚い命ですが、実害があるだけに、それほどセンチメンタルな感じにもなりません。


コメント

このブログの人気の投稿

りんご飴と串カツ

塩焼きがベター

明日もやることがあるので