Apple Watchと腕時計

便利か不便かApple Watch。
私は、随分と便利な道具だな、と思って手放せなくなりましたが、ネット上では、いまだに「バッテリーが1日で切れる腕時計なんて」という評価があります。

それはそれで1つの見方ですが、こういう人は、腕時計と同じ土俵で比べ、バッテリーの持続時間だけで比べていることに気付いていません。
「似て非なるもの」、たまたま、腕時計をはめる場所が便利だったから、Apple Watchが同じ場所を選んだだけで、Appleだって、腕時計のつもりで作っている訳じゃないでしょう。

例えるなら、電卓でしょうか。
みなさん、電卓を使っている中に、例えば、ポケコンが入ってきたとします。
ポケットコンピュータですから、パソコン並みに色々なことができると思われますが、電卓の人は、こう言うでしょう。
    数字と四則演算ボタンだけで良いのに、どうしてA,B,Cみたいなボタンが要るの?
彼らの中には、その用途が電卓の域を超えていませんので、プログラムを入力するためのキーボードも、何ら意味のない、むしろ無駄なボタンになる訳です。
しかし、手のひらに乗る、小さな計算機っぽい姿だけ似ていても、その用途は違います。
元から、比べるものが違うんですね。

まぁ、それ以前に、腕時計と比べてバッテリーの持ちが悪いなんてことは、使っている人が一番良く知っているわけで、それを承知で、わざわざ、高額なモノを買うようなバカばかりか?って話です。
「腕にはめるものは腕時計」の枠から出られないような連中から、上から目線で「それ、電池が持ちませんよ」ってご教示頂けたら、笑いながら「ぷーくすくす、あ、ありがとうございます。ぷぷぷ」って言っちゃうでしょうね。
また、買って使っていこうと思っている人だけが買うわけで、いちいち「高い!」とか言う貧乏人も、少し自分の発言が恥ずかしいことを自覚すれば良いのに、と思います。

もちろん、Apple Watchなんて、万人受けする道具じゃありませんので、ここで強くオススメすることはしません。
ただ、単純に、Apple Watch series 4を予約注文しちゃった自分への言い訳で書いたものだと思っていただければ幸いです(笑)








コメント

このブログの人気の投稿

りんご飴と串カツ

明日もやることがあるので

趣味と実益