マナーが悪いプリウス

多くのクルマが走るなかで、マナーが悪いプリウスが目立ちます。
基本的に、走っている数が多いので、すべてのプリウスがそうとは限りません。
これは、一部のマナーの悪い喫煙者のために、煙草を吸う人の全てがポイ捨てする人、と思われているようなものでフェアではありません。
ただし、感覚的な比率で目立つのは確かです。

マナーの悪いプリウスは、たいていが1つ以上前のモデルです。
要するに、補助金だの何だのの制度で、安く購入できるのを大々的にアピールしたころのモデルじゃないでしょうか。
それまで、中古のミニバンや、見栄を張って、ちょっといい軽自動車を買っていた貧乏人が、今までと同じくらいの価格でプリウスが買えるなら、と飛びついたんじゃないかと思っています。



当然、プリウス、走りますわ。そりゃ、今までのボロミニバンや軽自動車と比べたら。
踏めば踏むだけ、グイグイ走りますから、気持ちも大きくなるでしょう。
どうのこうの言っても、軽自動車にコンプレックスがあったに違いありません。
そして、田舎者の成金みたいなもので、これで世界を取ったつもりになるんでしょう。
補助金プリウス如きで、どうして、こうも気持ちが高ぶるのか、理解に苦しみますが。

ということで、マナーの悪いプリウスが多いのは、ある意味、必然なのです。
『車格』という言葉がありますが、あれば、乗っている人間の人格がクルマに出てくるだけの話。
それ以上でも以下でもありません。

コメント

このブログの人気の投稿

りんご飴と串カツ

明日もやることがあるので

趣味と実益