滝のような汗

「アブラゼミが鳴いている」というので、子供と探しに行ったら、徒歩数分の公園にたどり着いただけで汗が吹き出ました。
そりゃ、熱中症で倒れる人が出るわ、という感じです。
日中、ほんのちょっとでも、まったく油断ができません。

暑いと言えば、甲子園。
知らないうちに「東愛知代表」とか、そんな言葉が出来ていました。
いつのまに、東西に分断されのか?
学校の数が多いから仕方がないのでしょうが、甲子園も「1校の格差」とかあるじゃん、と思って検索したら、とっくの昔から言われているようでした。
高野連はともかく、大手新聞社も主催していますが 「1票の格差ほど重要じゃない」んでしょうね。
むしろ、高校球児は「ボクたちの青春を軽く見るな」とか怒ってみてはどうでしょうか。

まぁ、 脳筋には無理な話ですが。

コメント

このブログの人気の投稿

りんご飴と串カツ

塩焼きがベター

明日もやることがあるので