冷やし中華のゴマだれは邪道だと思う派

久しぶりにコンビニの冷やし中華を食べました。

冷やし中華は、うっかりするとむせてしまうような酢のキツいスープというイメージがありましたが、今時のものは真逆なんですね。
冷やし中華というより、ぶっかけうどんのような、さっぱりしたスープで驚きました。
やや物足りないな、と思いつつ、付属のマヨネーズをかけたら、あら不思議。
いわゆる「ああ、これだ」という酸味のあるスープになりました。
冷やし中華+マヨネーズは、比較的、地域限定だという話もありますので、あえて、すっきり味のベースにしておき、別添のものを混ぜることで、味が変わるように作られているとしたら、よく出来ている味付けだと思います。
多くの人が利用するだけに、万人向けになるよう、いろいろと苦労があるんでしょうね。

苦労といえば、パソコンの売り場です。

今時、家電屋さんの店頭でパソコンを買う人は、あまり居ないと思っていますが、如何でしょうか?
少なくとも、当ブログの読者さんや私の周りでは、と限定した場合とか。
そういう目で売り場を見ていますが、最近、エディオンのパソコン売り場で目にすることが多いのは、娘さんが中学生くらいになった親子連れです。
おそらく、男の子だと勝手に興味を持って、学校で必要になる前に「欲しい」とか言い出すんでしょうね。
一方、女の子は興味を持つ持たないの差もあり、また、スマホで十分派もあるでしょうから、学校で、がきっかけに必要になるケースも多いのでしょう。
で、あまり詳しくないご両親と3人が、うんうん売り場で困っている、という姿が多いという次第。
後は、パソコンがなんだか分かっていないけど、通販番組で見たから買おう、とか思っている高齢者ですかね。
なかなか、店員さんも大変だな、と思います。

コメント

このブログの人気の投稿

りんご飴と串カツ

塩焼きがベター

明日もやることがあるので